左近毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

左近 毅(さこん たけし、1936年11月25日[1] - 2002年1月4日[2])は、日本の文化学者。ロシアアナキズムおよび日露交渉史が専門。大阪市立大学名誉教授。元日本スラブ東欧学会理事長。日本翻訳文化賞受賞。

生涯[編集]

東京生まれ。東京外国語大学ロシヤ語科卒業後、1967年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。同博士課程満期退学。金子幸彦門下[3][4]大阪市立大学文学部助教授、教授。1999年定年退官、名誉教授、天理大学教授。

1996年、ジョージ・ケナン『シベリアと流刑制度』で日本翻訳文化賞受賞[5]。日本スラブ東欧学会理事長、日本ロシア文学会関西支部長を歴任[6]。10ヶ国語を解した[7]

共編[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 「昭和41・42年度学位授与・単位修得論文」
  4. ^ 早坂真理東京工業大学大学院教授) 「左近 毅先生の訃報に接して」愛知県立大学「おろしゃ会」会報 第8号、2002年4月発行
  5. ^ 「受賞一覧」法政大学出版局
  6. ^ 「訳者歴任」『ロシアのサムライ』
  7. ^ 「LUCERNO」majo 2012