工藤千博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
工藤 千博
生誕 (1947-08-06) 1947年8月6日
出身地 日本の旗 日本長野県
死没 (2009-10-09) 2009年10月9日(62歳没)
学歴 桐朋学園大学中退
インディアナ大学卒業
ジャンル クラシック
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン
活動期間 1963年 - 2009年

工藤 千博(くどう ちひろ、男性、1947年8月6日 - 2009年10月9日)は、長野県生まれのヴァイオリニストである。妻は同じくヴァイオリニストの小栗まち絵である。

経歴[編集]

桐朋時代[編集]

1963年、桐朋女子高等学校音楽科(音楽科は男女共学)に入学し、鈴木共子に師事する。1965年、高校3年生の時、第19回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部で第1位を受賞した。1966年、桐朋学園大学に入学、1970年、文化放送音楽賞を受賞。

アメリカ留学[編集]

1971年、桐朋学園大学を中退し、インディアナ大学に留学、ジョーゼフ・ギンゴールドフランコ・グッリに師事した。1973年、ローザンヌ・エンロー賞を受賞。1974年、小栗まち絵らとインターナショナル弦楽四重奏団を結成し、1975年、インディアナ大学を卒業、1976年、エヴィアン国際室内楽コンクールで第1位、1977年、インターナショナル・クヮルテット・コンクールで第1位、ミュンヘン国際音楽コンクール室内楽部門で第3位を受賞した。

演奏活動[編集]

アメリカ時代[編集]

1976年、インディアナ大学サウスベンド校音楽部助教授に就任、1980年、ブラウン大学レジデンス・アーティストとなった。

帰国後[編集]

京都市交響楽団コンサートマスターに就任し、2006年3月まで務めた。

2009年10月9日、胃がんのため死去。62歳没[1]2010年5月9日、晩年を過ごした大阪府豊中市のアクア文化ホールにて、「工藤千博追悼演奏会」が行われた[2]

教授活動[編集]

全日本学生音楽コンクールの小学生部門1位を1999年から5年連続で門下生から輩出するなど、妻の小栗まち絵とともに多数の優秀な門下生を輩出しており、工藤は自らを「バイオリンの小児科」と称した[3]。門下には、神尾真由子長原幸太大岡仁太田雅音松尾依里佳らがいる。

出典[編集]

  1. ^ “工藤千博氏死去 バイオリニスト”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2009年10月9日). http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009100901001044.html 
  2. ^ 工藤千博追悼演奏会”. Michiyoshi Inoue Official Website (2010年5月9日). 2016年7月3日閲覧。
  3. ^ 出水奈美、「工藤千博さん:バイオリニスト、元京都市交響楽団コンサートマスター:胃がんのため10月9日死去・62歳」 『毎日新聞』 2009年12月9日、13版、26面。