川合直次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川合直次

川合 直次(かわい なおじ、1874年明治7年)2月21日[1] - 1938年昭和13年)8月4日[2])は、衆議院議員立憲国民党立憲同志会立憲民政党)、新潟県高田市長

経歴[編集]

新潟県頸城郡直江津町出身。1899年(明治32年)、中頸城郡会議員に選ばれ、1903年(明治36年)には新潟県会議員に選ばれた。

1912年(明治45年)、第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第12回衆議院議員総選挙でも再選された。

1924年大正13年)、高田市長に選出され、1936年(昭和11年)に辞職するまで3期務めた。在職中は上下水道の整備に尽力した[1]

市長退任後、第19回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第20回衆議院議員総選挙でも再選を果たした。

その他、直江津商業銀行専務取締役、直江津米穀取引所専務理事などを務めた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 故川合直次位記追賜の件
  2. ^ 『官報』第3481号、昭和13年8月10日
  3. ^ 『衆議院議員略歴』

参考文献[編集]