嶋野栄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

嶋野 榮道(しまの えいどう 1932年 - )は臨済宗の僧侶。ニューヨーク市内のニューヨーク禅堂正法寺、及びキャツキル大菩薩禅堂金剛寺師家として禅を指導。元正眼短期大学客員教授。無位室と号す。アメリカ以外の欧州諸国でも接心を指導。

略歴[編集]

三島市龍沢寺専門道場にて、中川宋淵の下で参禅。1960年に渡米、ハワイ大学に学ぶ。その後1965年にニューヨークに移り、1968年マンハッタンにニューヨーク禅堂正法寺を開単。1976年にはニューヨーク郊外キャッツキルに大菩薩禅堂金剛寺を建立。

2010年に女性との長年に亘る不適切な関係により、両寺の運営母体のゼン・スタディ・ソサエティ理事長を辞任、両寺の住職も2012年に辞任し、法嗣の心華室露光が跡を継いだ。

不適切な関係の件[編集]

2010年7月19日、ゼン・スタディ・ソサエティの理事会は、嶋野が、同会の理事長職を辞任し、2012年には住職も引退すると発表した[1][2]。2010年8月20日にはニューヨーク・タイムスが、独自の調査とハワイ大学図書館に封印されていたエイトキン文書[3][4]を根拠に、嶋野の40年以上に渡る女性信者へ不適切な関係を報道した[2][5]。この後、ゼン・スタディ・ソサエティの理事会は、外部のコンサルティング会社Faith Trust Instituteを雇い入れ、対処策を求めた。

2010年9月4日、Faith Trust Instituteは、嶋野の公の謝罪、即時引退を含めた提言を行い、その提言は、新しい倫理規範と共に、Zen Study Societyの公式ウェブサイトに掲載されている[6]。2010年9月7日、嶋野は、自らの行為を謝罪し、引退の時期を2010年末に早め、新規門下生の受け入れを中止することを発表した[7][8]

受賞歴[編集]

著訳書[編集]

  • 『対訳 禅語と墨跡』(谷耕月との共著、朝山一玄訳、淡交社、1991年)
  • 『The Book of Rinzai』(英語訳、The Zen Study Society Press、2004年)
  • 『愛語の力 - 禅僧ひとりニューヨークに立つ』(致知出版社、2008年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ From: http://www.zenstudies.org/ethical.html On: September 7, 2010 (PDF)”. 2010年12月15日閲覧。
  2. ^ a b Sex Scandal Has U.S. Buddhists Looking Within”. ニューヨーク・タイムズ (2010年8月20日). 2010年12月15日閲覧。
  3. ^ Robert Baker Aitken (PDF)”. ハワイ大学マノア校図書館. 2010年12月15日閲覧。
  4. ^ 嶋野 栄道 老師 アーカイブ”. shimanoarchive.com. 2010年12月15日閲覧。
  5. ^ ニューヨーク・タイムズ記事の日本語訳”. shimanoarchive.com. 2010年12月15日閲覧。
  6. ^ The Zen Studies Society”. daibosatsu.org. 2010年12月15日閲覧。
  7. ^ shimanoarchive.com/PDFs/20100907” (2010年9月7日). 2010年12月15日閲覧。
  8. ^ A message from Eido Shimano”. tricycle.com (2010年9月7日). 2010年12月15日閲覧。