島重治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島 重治(しま しげはる、1872年 - 1959年)は、日本の土木技術者都市計画家長崎県出身。

来歴・人物[編集]

1897年、東京帝国大学工科大学土木工学科卒業大阪市に入り、のちの大阪府知事で農務次官の西村捨三大阪築港事務所長の下に大阪築港に従事する。

1905年に退職。韓国政府に招請され、韓国灯台局長などを務める。

1911年、内務省に入り、新潟土木出張所で信濃川の大河津分水工事、千曲川改修工事に従事した。

1922年、大阪市土木課長に転じた後、1924年に内務省土木局第一技術課長となり、1928年に退任する。

その後関一市長の懇望によって、ふたたび大阪市に入り、理事・土木部長に就き、街路、公園などの事業の推進に努め、大阪市の都市計画事業に尽くし、1934年に退職した。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[編集]

  • 福留並喜「故名誉会員元関西支部長島重治君略歴」(土木学会誌4巻6号、昭和34年6月)