島田啓子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島田 啓子(しまだ けいこ、1966年6月14日 - )は、NIB長崎国際テレビの報道記者・元アナウンサー

履歴[編集]

福岡県田川郡香春町出身。実家は上野香春焼(あがのかわらやき)窯元。

福岡県立田川高等学校を経て明治学院大学卒業後、1989年KKTくまもと県民テレビに入社。その後、1992年に当時開局2年目のNIBへ移籍、報道部に配属。記者兼アナウンサーとして幅広く活躍する。一時は制作部所属。

開局以来『ズームイン!!朝!』を担当していた藤村幸司から引き継いで四代目(KTNで放送されていた時期を含めて)長崎担当キャスターを務めた。その後『ズームイン!!SUPER』の長崎担当キャスターとして活躍する一方、女性陣最年長ともなったため、後輩たちのまとめ役としても活躍する。ちなみに、NIBは社員総数が少ないこともあり、アナウンス専門部署というものは無く、アナウンサーとして採用されても報道部や制作部などに配属され、それぞれの部署の本来業務もこなす(例えば、後輩の一人だった千北英倫子は報道部所属のため、報道記者としての仕事もしていた)。

なお、40歳を過ぎてようやく子宝に恵まれた。このため、2008年7月以降は産休シフトに入っており、出産までは負担が少ないデスクワークやナレーションの仕事を行う。そして、2015年3月末をもってアナウンス職をはずれて記者に専念することを、後日更新のブログで報告した。

過去の担当番組[編集]

外部リンク[編集]