峰の薬師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

峰の薬師(みねのやくし)は、神奈川県相模原市緑区三井にある寺院。江戸時代には「武相四大薬師[1]の一つとして多くの信仰を集め、三井(みい)の薬師とも呼ばれた。現在は曹洞宗寺院で、大覚山東慶寺と号する。

概要[編集]

相模原市域の西方、合併前の津久井郡津久井町の地域にあり、相模川をせき止めてできた津久井湖を見下ろす山中に位置する。登山道は「関東ふれあいの道」として整備されている。

峰の薬師は明応年間(1492 - 1501年)の創建と伝えるが、数度の火災で古記録を焼失しており、詳しい沿革は不詳である。

昌平黌地理局編『新編相模国風土記稿』(巻123村里部津久井県巻8毛利庄)には「薬師堂 別当三井寺 基立ハ明応年間ナリト云」とあり、麓の三井集落にある臨済宗建長寺派三井寺(さんせいじ)の管理下にあった。同じく『新編相模国風土記稿』によれば、当薬師堂の本尊薬師如来像は像高一尺三寸の木造坐像で、行基作の伝承があり、「峰ノ薬師」または「三井ノ薬師」と呼ばれていた。また、堂には「東照寺」の寺号を記した額[2]が掲げられていたという。

明治神仏分離により、峰から降ろされ、廃堂となったが、1933年(昭和8年)に旧地に再興された。

交通[編集]

その他[編集]

富田常雄の『姿三四郎』では、檜垣兄弟との果し合いの場として登場する。「姿三四郎決闘碑」がある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 津久井町史編纂委員会編『津久井町史 資料編 近世Ⅰ』津久井町、2004年。

[編集]

  1. ^ 「武相四大薬師」は峰の薬師日向薬師高尾山薬王院新井薬師
  2. ^ 『新編相模国風土記稿』にはこの額について「裏ニ元禄七年高座郡三井郷峰之薬師願主鎌倉建長寺裏止庵下顕水亭附之ト刻ス」との割注がある。