岸幹太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岸 幹太郎(きし かんたろう、1860年万延元年) - ?)は、徳川家理事、家令日本銀行員及び横浜正金銀行

経歴[編集]

紀州侯爵徳川頼倫家令紀州藩の碩儒(学者)。自修舎を経て1881年(明治14年)慶應義塾を卒業。

慶應義塾幼稚舎教授となり、1891年(明治24年)に日本銀行入行。1897年(明治30年)、横浜正金銀行入行。徳川家の顧問役および指南役として家令の職を奉ずる。

参考文献[編集]