岩殿寺 (逗子市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩殿寺
Gandenji05-0515 042.jpg
観音堂
所在地 神奈川県逗子市久木5丁目7-11
位置 北緯35度18分18.2秒 東経139度34分20.3秒 / 北緯35.305056度 東経139.572306度 / 35.305056; 139.572306座標: 北緯35度18分18.2秒 東経139度34分20.3秒 / 北緯35.305056度 東経139.572306度 / 35.305056; 139.572306
山号 海雲山[1]
宗旨 曹洞宗[1]
本尊 十一面観音[2]
創建年 養老5年(721年
開基 徳道
札所等 坂東三十三箇所 第2番
文化財 爪彫地蔵
法人番号 5021005007825 ウィキデータを編集
岩殿寺 (逗子市)の位置(神奈川県内)
岩殿寺 (逗子市)
テンプレートを表示

岩殿寺(がんでんじ)は神奈川県逗子市久木にある曹洞宗寺院山号は海雲山。本尊十一面観音。通称、岩殿観音。逗子八景[3]の1つ。また、一時期逗子に滞在した泉鏡花が当寺をしばしば訪れたことでも知られる。

歴史[編集]

寺伝によれば 養老5年(721年徳道上人が創建し、行基が十一面観音像を造立して安置したという。

また、鎌倉時代には源頼朝によって寺領が寄進されたという。『吾妻鏡』には源実朝らがしばしば当寺に参詣したことが記される[2]。その後衰退するが、天正19年(1591年徳川家康によって再興。明治時代廃仏毀釈で再び衰退した。

文化財[編集]

  • 観音堂 - 1971年12月13日に逗子市指定有形文化財に指定[4]
  • 爪彫地蔵 - 伝空海

札所[編集]

所在地[編集]

  • 神奈川県逗子市久木5丁目7-11

交通アクセス[編集]

前後の札所[編集]

坂東三十三箇所
1 杉本寺 -- 2 岩殿寺 -- 3 安養院 (鎌倉市)

脚注[編集]

  1. ^ a b 新編相模国風土記稿 1932, p. 234.
  2. ^ a b 新編相模国風土記稿 1932, p. 233.
  3. ^ 逗子八景を巡る - いちはし・ドット・me
  4. ^ 逗子市ホームページ.

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 「巻之七 岩殿観音堂」『新編鎌倉志』第5冊、河井恒久 等編、大日本地誌大系刊行会〈大日本地誌大系〉、1915年、136頁。NDLJP:952770/83

関連項目[編集]