岩切紀史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩切 紀史(いわきり のりふみ、1970年 - )は、宮崎県出身の法学者・自治官僚。専門は憲法、政治学、行政法、国際法。

略歴[編集]

  • 1986年 3月 - 宮崎大学教育学部附属中学校卒業
  • 1989年 3月 - 宮崎県立宮崎西高等学校理数科卒業
  • 1989年 4月 - 東京大学教養学部文科Ⅰ類入学
  • 1991年 4月 - 東京大学法学部第Ⅱ類(公法コース)進学
  • 1993年 3月 - 東京大学法学部第Ⅱ類(公法コース)卒業
  • 1993年 4月 - 自治省入省
  • 1997年 4月 - 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程入学
  • 1999年 3月 - 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士)
  • 1999年 4月 - 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程進学
  • 2004年10月 - 宮崎産業経営大学法学部助教授
  • 2005年 3月 - 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了(法学博士) 東京大学大学院法学政治学研究科 博士論文特別優秀賞 受賞[1]
  • 2009年 4月 - 宮崎産業経営大学法学部教授

著作[編集]

共著[編集]

主な論文[編集]

  • 「ドイツにおける連立協定の法的考察」(東京大学本郷法政紀要 1999年)
  • 「ドイツ連邦共和国における連立政権に関する憲法的研究」(国家学会雑誌 2006年)

受賞歴[編集]

  • 東京大学大学院法学政治学研究科 博士論文特別優秀賞(2005年)[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]