岡西惟中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡西 惟中(おかにし いちゅう、1639年寛永16年)- 1711年12月5日正徳元年10月26日))は、江戸時代前期から中期の俳人である。本姓は松永。名は勝、後に傭哉。字は赤子。通称は平太、別号に一時軒、竹馬童子等がある。

経歴・人物[編集]

因幡鳥取に生まれる[1]。幼時から書道を学び、儒学菊池東勻檜川半融軒、漢詩を南源禅師、和歌を宮木孝庸烏丸資慶烏丸光雄、連歌を里村昌益に学ぶ[1]。14歳頃から俳諧に親しみ、万治1年刊『鸚鵡集』に入集[1]。その後、備中岡山に移り、書道学問での仕官を望むが失敗[1]。1669年(寛文9年)、西山宗因の門人となったとされ、談林派の論客として活躍した[1]。和漢の知識を駆使して、『しぶ団返答』『俳諧蒙求』『俳諧三部抄』『俳諧或問』『俳諧破邪顕正返答』『俳諧破邪顕正評判之返答』などの論難書を著した[1]

談林派が全盛期だった1678年延宝6年)に活動の場を大坂(現在の大阪市)に移し[1]井原西鶴一門と共に宗因一門の双璧を成し遂げた。1682年(天和2年)に宗因が死去した後は俳諧の世界から離れ、古典講釈・漢詩・連歌に精力を傾けた[1]

主な著作物[編集]

俳諧関連

  • 俳諧蒙求』- 1677年(延宝5年)刊行。
  • 『誹(俳)諧破邪顕正返答』- 1680年(延宝8年)刊行。
  • 近来俳諧風体妙
  • 『しぶ団返答』
  • 『俳諧三部抄』
  • 『俳諧或問』
  • 『俳諧破邪顕正評判之返答』

古典関連

  • 『清少納言旁註』
  • 『諸抄正誤徒然直解』
  • 『和漢朗詠諺解』
  • 『戊辰試毫』

その他

  • 『和漢千句独吟』

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 岡本勝, 雲英末雄編 『新版近世文学研究事典』おうふう、2006年2月、339頁。 

出典[編集]

外部リンク[編集]