岡田武夫 (サッカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡田 武夫(おかだ たけお、[1])は、京都府京都市出身の人物。現在日本サッカー協会の特命担当部長として『日本サッカー殿堂』[2]の管理運営に携わっている。また2002年に設立された東アジアサッカー連盟(EAFF)事務総長も務めている[3]

1973年東京都立雪谷高等学校を卒業、1978年獨協大学外国語学部ドイツ語学科を卒業、大学時代にアルバイトをしていた日本サッカー協会に入り、語学力を見込まれて協会の国際部に配属された。

また2002 FIFAワールドカップ招致活動で世界各地を周った。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.jfa.or.jp/jfa/rijikai/2008/20090212/pdf/k20090212.pdf によれば、1954年または1955年生まれ(2009年2月12日時点で54歳)。2010年7月18日閲覧。
  2. ^ 財団法人日本サッカー協会 「日本サッカー殿堂」内規”. 日本サッカーミュージアム. 2010年7月17日閲覧。
  3. ^ W杯「連続出場の基盤作りを」東アジアサッカー連盟・岡田武夫事務総長に聞く”. 朝鮮日報 (2009年7月1日). 2010年7月17日閲覧。