岡田よしたか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡田 よしたか(おかだ よしたか、1956年 - )は日本の絵本作家

経歴[編集]

大阪府出身。奈良県大和郡山市在住。愛知県立芸術大学油絵科卒業。地球儀などの教材メーカーや共同保育所などに勤務する。画家として個展・グループ展などを重ね、私家版での画集も発行する[1]

2001年に『おーいペンギンさーん』で絵本作家としてデビュー。

2009年の創作童話集『特急おべんとう号』以後、食べものをリアルタッチに擬人化し、軽妙な大阪弁の文章でナンセンスなユーモアを発揮する作風を確立する。

2011年の『ちくわのわーさん』は3万5千部を超えるヒット作となり、第3回リブロ絵本大賞を受賞[2]

著作[編集]

  • おーいペンギンさーん(福音館書店、2001年)
  • 特急おべんとう号(福音館書店、2009年)
  • ちくわのわーさん(ブロンズ新社、2011年)
  • うどんのうーやん(ブロンズ新社、2012年)
  • こんぶのぶーさん(ブロンズ新社、2013年)
  • ハブラシくん(ひかりのくに、2013年)
  • とてもおおきなサンマのひらき(ブロンズ新社、2013年)
  • くしカツさんちは まんいんです(PHP研究所、2013年)
  • ぼくらはうまいもんフライヤーズ(ブロンズ新社、2016年)

脚注[編集]