岡村行信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡村 行信(おかむら ゆきのぶ、1955年3月27日 - )は、日本地質学者地震学者産業技術総合研究所活断層・地震研究センター長。

2009年6月、総合資源エネルギー調査会原子力安全・保安部会で、869年貞観地震・津波により福島第一原発のある地域が壊滅的な被害を受けたと指摘、安全対策の必要性を主張した[1][2]

経歴[編集]

  • 1980年 通産省工業技術院 地質調査所 海洋地質部採用
  • 1988年 同主任研究官
  • 1991年 理学博士(名古屋大学)「LARGE-SCALE MELANGE FORMATION DUE TO SEAMOUNT SUBDUCTION: AN EXAMPLE FROM THE MESOZOIC ACCRETIONARY COMPLEX IN CENTRAL JAPAN(海山の沈み込みによる大規模なメランジェの形成: 中部日本の中生代付加体に見られる例) 」
  • 1997年 工業技術院地質調査所 海洋地質部 海洋地質研究室長
  • 2001年 産業技術総合研究所 海洋資源環境研究部門 海洋地質研究グループ長
  • 2004年 産業技術総合研究所 活断層研究センター 海溝型地震履歴研究チーム長

研究内容[編集]

  • 日本周辺海域の海底地質図の作成
  • 海域活断層の評価手法の研究
  • バランス断面法を用いた地質構造の解明
  • 海溝型地震の研究[3]

論文・著作[編集]

  • 博士論文 " LARGE-SCALE MELANGE FORMATION DUE TO SEAMOUNT SUBDUCTION: AN EXAMPLE FROM THE MESOZOIC ACCRETIONARY COMPLEX IN CENTRAL JAPAN " (「海山の沈み込みによる大規模なメランジェの形成: 中部日本の中生代付加体に見られる例」)名古屋大学、乙第4052号、1991年11月5日
  • CiNii論文

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]