宍倉正展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宍倉 正展(ししくら まさのぶ、1969年9月- )は、地震学者国立研究開発法人産業技術総合研究所海溝型地震履歴研究グループ長。
巨大地震の発生した沿岸域で海岸地形や津波の調査を中心に歴史地震、古地震学の研究を行う。
学位は、博士(理学, 千葉大学 2000年) 甲第1807号 , 2000年3月24日。

略歴[編集]

  • 1969年9月 千葉県夷隅郡大多喜町生まれ。千葉県立長生高等学校卒。
  • 1994年 千葉大学理学部地学科卒。
  • 2000年
  • 2001年
    • 産業技術総合研究所活断層研究センターに所属変更。
    • 歴史地震研究会財政委員長(2001年9月~2008年9月)
  • 2002年 日本地震学会大会企画委員(2002年4月~2004年3月)
  • 2005年 内閣府中央防災会議関東大震災分科会委員(2005年4月~2006年3月)
  • 2008年8月 京都大学大学院理学研究科非常勤講師
  • 2009年 海溝型地震履歴研究チーム長。
  • 2010年
    • 日本活断層学会理事(2010年5月~2014年4月)
    • 歴史地震研究会行事委員(2010年9月~2011年9月)
  • 2011年
    • 東日本大震災千葉県調査検討専門委員会委員(2011年6月~2012年4月)
    • 地震調査研究推進本部(文部科学省)測地学分科会委員(2011年11月~2012年1月)
    • 平成23年度東日本大震災千葉県津波調査業務委託受託者選定委員会委員(2011年11月)
  • 2012年
    • 日本地震学会通常代議員、国立歴史民俗博物館共同研究員
    • 内閣府元禄地震の災害教訓の継承に関する検討会委員(2012年4月~2013年3月)
    • 神奈川県温泉地学研究所津波調査検討委員会委員(2012年6月)
  • 2013年 地震予知連絡会委員
  • 2014年 海溝型地震履歴研究グループ長に所属・役職名変更。
    • 4月 日本地震学会編集委員会委員
    • 6月 千葉県地震被害想定調査検討会議委員
  • 2013年 防災学者・大木聖子と結婚[1]

著書[編集]

  • 『次の巨大地震はどこか!』ミヤオビパブリッシング 2011
  • 『巨大地震をほり起こす 大地の警告を読みとくぼくたちの研究』少年写真新聞社 ちしきのもり 2012

主要論文[編集]

共著

出典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]