岡村和義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡村和義(おかむら かずよし、1958年1月1日 - )は、 埼玉県出身[1]チューナーであり、 SUPER GT 300クラスや全日本プロドリフト選手権D1)にも参戦していたレーサーという一面も持っている。

チューニングショップ・ヤシオファクトリー代表。

愛称は「岡ちゃん」。 D1GP単走においてはタイムアタックなどで培ったテクニックを生かし、速度とキレのあるドリフトを見せていた。

略歴[編集]

D1GP 2001年にシリーズチャンピオンを獲得した谷口信輝選手が使用していたS15シルビアは、岡村が製作していた。

D1GP参戦以前からそのドリフトテクニックはあったが、D1SL(ストリートリーガル)に参戦すると、たちまちに上位選手に数えられるまでになった。

特に2006年度第4戦のオートポリス戦では、決勝で萩迫貴史とのサドンデスの末、ダブルクラッシュに見舞われたものの、同時優勝という形で自身初優勝を飾った。 その年はシリーズランキングでも3位に食い込み、最後までチャンピオン争いを沸かせた選手のひとりに数えられた。

2007年に入ると、より上位クラスであるD1GPにも日産・シルビアS15)で参戦。 第3戦の鈴鹿サーキットではベスト8にて熊久保信重と激しく争い、惜しくも勝利こそならなかったものの、その敢闘ぶりは称えられた。 2007シーズン終了時での順位は18位、ポイントも13ptsを稼いだ。 一方、D1SLの方ではシーズン途中から日産・フェアレディZZ33)に乗り換えたが、マシントラブルが相次ぎ、不完全燃焼でシーズンを終えた。

2008年はD1GP第1戦エビスにS15シルビアで参戦した際、クラッシュに見舞われて全損。第2戦富士スピードウェイにはPS13シルビアで参戦し自身初の単走100点を記録。第6戦エビスにはタイムアタック用に製作されていたS15シルビアで参戦した。

2011年にはSUPER GTのGT300クラスで東名スポーツの360号車からの参戦が決定。マシンはシボレー・コルベット、パートナーはスーパー耐久などで活躍する田中篤という体制で挑む。

2011年からドリフトマッスルに参戦しており、2014年から選手会長を務めている。2015年現在、シリーズで二度の優勝を獲得している。

エピソード[編集]

  • 生粋のシルビアマニアであり、SR20DET用のオリジナルパーツを多く販売している。

レース戦績[編集]

SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2011年 TOMEI SPORTS キャラウェイ コルベット Z06.R GT3 GT300 OKA
18
FSW
17
SEP
SUG
DNQ
SUZ FSW AUT TRM NC 0

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.d1gp.co.jp/drivers_machines_2008.html