山田日登志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 日登志(やまだ ひとし、1939年 - )は、生産管理を専門とするコンサルタント。PEC産業教育センター所長。セル生産方式の発案者。

経歴[編集]

1939年、岐阜県羽島市生まれ。南山大学文学部を卒業後、1963年中部経済新聞入社。1965年、岐阜県生産性本部に転職。工場改革に行き詰っていたとき、トヨタ自動車大野耐一と出会い、弟子入りする。トヨタ流工場運営のノウハウを学んだ後、1978年にPEC産業教育センターを設立し、現職。

テレビ[編集]

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 第84回 輝け社員、よみがえれ会社 工場再建・山田日登志  2008年4月15日放送[1]

脚注[編集]

  1. ^ 第84回 2008年4月15日放送 輝け社員、よみがえれ会社 工場再建・山田日登志