山田城 (大和国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
山田城
奈良県
別名 岩掛城
城郭構造 山城
築城主 山田氏
築城年 不明
主な城主 山田氏
廃城年 不明
遺構 堀切、土塁
指定文化財 未指定
再建造物 なし
位置 北緯34度37分37.9秒
東経135度56分07.6秒
地図
山田城の位置(奈良県内)
山田城
山田城

山田城(やまだじょう)は奈良県天理市に存在した中世日本の城山城)。岩掛城(いわがけじょう)とも呼ばれる。

概要[編集]

天理市山田町の尾根先端の要衝、標高550mに位置する。尾根先の曲輪は四角形で、西方に深いがある。単郭の館城から尾根続きに拡張しようとし、未完に終わった。

付近一帯を支配する在地領主・山田氏が当城に拠った。一乗院方の国民であった山田氏は15世紀後半には古市氏に属し、応仁の乱でも勢力を広げている。筒井氏勢力下の福住氏と対立しながら、城の北方に進出して所領を広げた。永禄9年(1566年)に山田氏が松永久秀勢から当城を奪還した記録が残る。

参考文献[編集]

関連項目[編集]