山田氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田氏(やまだし/やまだうじ)は、日本氏族

古代の山田氏[編集]

古くは渡来系氏族が称した氏(本姓)であり、『新撰姓氏録』には、右京の山田宿祢氏(やまたのすくね、霊王の太子晋の子孫と称する)、同じく山田造(やまたのみやつこ、山田宿祢と同祖)、河内国の山田宿祢(司空王昶の子孫と称する)、同じく山田連(やまたのむらじ、山田宿祢と同祖)、同じく山田造(山田宿祢と同祖)、和泉国の山田造(新羅の天佐疑利命(あまのさぎりのみこと)の子孫を称する)が記録されている。平安時代初期の能吏として知られる山田古嗣(やまたのふるつぐ)もこの山田氏に出自していると見られている。

山田氏(清和源氏満政流)[編集]

平安時代末期に清和源氏満政八島氏の一族であった浦野重直(山田先生)が尾張国山田郡山田荘を領したことに始まる。尾張源氏の嫡系にあたる氏族とも考えられ、鎌倉を結ぶ交通の要衝に代々勢力を持った。鎌倉時代初期には、承久の乱で京方の勇将として活躍した山田重忠を出している。戦国時代には今川氏の家臣である山田景隆がおり、岡崎城代を勤めた

庶流に高田氏小島氏足助氏、後裔氏族に麻植氏足利氏族とする説も)、岡田氏などがある。

系譜[編集]

山田氏(清和源氏村上氏流)[編集]

信濃国北部の頼清流村上氏の支族。戦国時代に山田国政が吾妻清綱とともに荒砥城の城主となった。しかし、矢沢頼綱と対決したために、天文20年(1551年)4月、武田晴信の配下の真田幸隆が、弟の矢沢頼綱を援助したために、国政は吾妻清綱とともに討ち死にした。

山田氏(赤松氏流)[編集]

赤松氏の支族。播磨国神東郡山田村を本貫とした氏族。仔細は不詳。

山田氏(土佐国)[編集]

香宗我部氏の一族。1193年一条忠頼の家臣である中原秋家土佐国香美郡宗我・深淵郷の地頭職となり、主君の忠頼が暗殺された後に、秋家は忠頼の子、秋通を養子とした。その後秋通が香宗我部氏を称して初代となり、養父である秋家は土佐山田城に移り、山田氏を称した。

山田氏(薩摩国)[編集]

薩摩国の山田氏には複数の系統が存在する。一つ目は平姓山田氏で、武蔵三郎左衛門有国の子である式部少輔有貫(有実とも)が文治年間に薩摩へ下向し、日置郡山田を与えられてより山田姓を称したというものである。こちらの系統からは薩摩島津氏家老である山田有信山田有栄らを輩出しており、の通字は「有」の字である。

二つ目の系統は薩摩国島津氏の分家で、2代当主島津忠時の庶長子である忠継の子忠実谿山郡山田に住んだことから姓とした。諱の通字は島津宗家と同様「忠」と「久」であったが、江戸時代よりは長男のみが「久」、次男以下は「真」の字とされた。

三つ目は、薩摩藩大目付山田有儀の系統で、本姓は河野氏であるが、佐土原八幡に住んだことから八幡山田を称した。他に川内山田村より発祥の山田氏も存在する。

脚注[編集]