山田ズーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 ズーニー(やまだ ずーにー、女性、1961年 - )は岡山県出身の文章表現・コミュニケーションインストラクター。

「ズーニー」とはカシミール語で「月」という意味で、北インドカシミール地方を旅したときに地元の人につけられた名前である。

略歴・概要[編集]

1984年福武書店入社。進研ゼミ小論文編集長となり、通信教育の企画・編集・プロデュースに携わる。

2000年に独立してフリーランスに。同年5月より「ほぼ日刊イトイ新聞」にてコラム「おとなの小論文教室。」をスタートさせ、長期連載となる。

中高生、大学生から社会人教師、プロのライターまで幅広い層の教育に携わっている。仕事としては執筆のほか、講演、大学の講義、企業研修、テレビ講座、ワークショップなどで活動している。

宣伝会議では「編集・ライター養成講座」の東京教室で「表現力養成トレーニング」の講師を担当。

書籍[編集]

  • 『伝わる・揺さぶる!文章を書く』(PHP研究所2001年11月)
  • 『あなたの話はなぜ「通じない」のか』(筑摩書房、2003年10月→ちくま文庫、2006年)
    韓国でも発売された。
  • 『考えるシート』(講談社、2005年6月9日→講談社+α文庫、2008年8月)
  • 『おとなの小論文教室。』(河出書房新社、2006年1月10日→河出文庫、2009年)
  • 『理解という名の愛がほしい おとなの小論文教。2』(河出書房新社、2006年3月14日)
  • 『17歳は2回くる - おとなの小論文教室。3』(河出書房新社、2006年5月19日)
  • 『おとなの進路教室。』(河出書房新社、2007年3月22日→河出文庫、2012年4月)
  • 『話すチカラをつくる本 - この一冊で想いが通じる!』(三笠書房知的生きかた文庫、2007年3月)
  • 『人とつながる表現教室。』(河出書房新社、河出文庫、2009年9月)
  • 『新人諸君、半年黙って仕事せよ』(筑摩書房、2010年4月)
    →『働くためのコミュニケーション力 - 半年で職場の星になる!』(筑摩書房、ちくま文庫、2013年4月)
  • 『「働きたくない」というあなたへ』(河出書房新社、2010年8月)
  • 『おかんの昼ごはん - 親の老いと、本当のワタシと、仕事の選択』(河出書房新社、2012年11月)

出演[編集]

外部リンク[編集]