山村豊次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山村豊次郎

山村 豊次郎(やまむら とよじろう、明治2年3月16日[1]1869年4月27日) - 昭和13年(1938年9月13日)は、日本の衆議院議員立憲政友会)、宇和島市長

経歴[編集]

宇和島藩士村松喜久造の二男として生まれ、翌年に同藩士山村正の養子となった[2]1895年(明治28年)、日本法律学校(現在の日本大学)を卒業し、弁護士試験に合格。翌年に宇和島市で弁護士事務所を開業した。

1906年(明治39年)、衆議院補欠選挙に当選[3]1920年大正9年)から翌年まで宇和島町長を務めた。宇和島に市制が施行されると市会議員となり、議長に選出された。1922年(大正11年)から宇和島市長を務めた。その間、宇和島運輸株式会社取締役・宇和島鉄道株式会社取締役・南予時事新報社長などを兼ねた。

1932年(昭和7年)、第18回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第19回衆議院議員総選挙でも再選された。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『愛媛県人物名鑑』
  2. ^ 『伊予の事業と人物』
  3. ^ 『官報』第6930号、明治39年8月4日

参考文献[編集]

  • 『愛媛県人物名鑑 第三輯』 海南新聞社、1923年
  • 『伊予の事業と人物』 愛媛通信社、1934年