樋口虎若

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
樋口虎若

樋口 虎若(ひぐち とらわか、明治5年11月10日[1]1872年12月10日) – 1958年昭和33年)6月4日[2])は、日本医師愛媛県宇和島市長

経歴[編集]

愛媛県北宇和郡吉田町(現在の宇和島市)に吉田藩士の子として生まれた[1][2]1894年(明治27年)、第三高等中学校医学部を卒業し、翌年に陸軍三等軍医となった[1]。一等軍医に昇進するが、辞して1900年(明治33年)に宇和島に耳鼻咽喉科医院を開業した[1]。また宇和島市会議員、北宇和郡会議員、同副議長などを歴任した[2]

1938年(昭和13年)に宇和島市長に就任したが、翌年5月政党の対立抗争を嫌って退任した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 愛媛県人物名鑑 第三輯 1923.
  2. ^ a b c d 愛媛県生涯学習センター. “データベース「えひめの記憶」- 愛媛県史 人物” (日本語). 2016年11月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『愛媛県人物名鑑 第三輯』海南新聞社、1923年。