山本謙治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山本 謙治(やまもと けんじ、1971年3月4日 - )は、日本の農産物流通・ITコンサルタント、食生活ジャーナリスト。(株)グットテーブルズ 代表取締役社長。

人物[編集]

愛媛県今治市に生まれ、埼玉県北本市で育つ。自由の森学園高校卒業の2年後AO入試で入学した慶應義塾大学環境情報学部を卒業。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。野村総合研究所、ワイズシステム(現・(株)シフラ)に勤務した後、2004年に独立。 大学在学中には、まだ空き地の多かった慶應義塾湘南藤沢キャンパスの中で「畑をつくらせて欲しい」と交渉。大学院棟建設予定地の5反ほどの土地を開墾し、後に畑サークル「八百藤」を設立するなど、当時から異色の行動派として知られる。

本業の傍ら、開設したブログ「やまけんの出張食い倒れ日記」が有名になり、一般には本業よりも「料理評論家」として認知されているようだが、ブログの内容は食べ歩きの記事だけではなく、日本の農林水産業の現状や食の安全性を問うものなども多い。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『実践 農産物トレーサビリティ―流通システムの「安心」の作り方』(誠文堂新光社, 2003年)
  • 『実践 農産物トレーサビリティ〈2〉トレーサビリティの先に見えるもの―農産物流通の未来』(誠文堂新光社, 2006年)
  • 『日本の「食」は安すぎる』(講談社プラスα新書, 2008年)
  • 『激安食品の落とし穴』(KADOKAWA/角川学芸出版, 2015年)

編著[編集]

雑誌連載[編集]

外部リンク[編集]