山本泰夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 泰夫(やまもと やすお、1946年 - )は日本のジャーナリスト産経新聞出版代表取締役社長東京都生まれ。

1971年同志社大学卒業、産経新聞社に入社。1994年編集局整理部長。1999年編集局局次長。2002年大阪本社写真報道局局長。2004年から現職。

1988年リクルート事件報道の際、新聞に用いた“見出し”「ふつうは“汚職”と申します」が大きな話題を呼び、同年の新語・流行語大賞(特別賞部門・報道傑作賞)を受賞している。

著書[編集]

ほか共編著、発行本多数

関連人物・人物[編集]

外部リンク[編集]