山本勝次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本勝次

山本 勝次(やまもと かつじ、1880年明治13年)10月12日[1] - 1928年昭和3年)1月10日[2][3][4])は、明治から昭和時代初期の政治家衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

山本庄次郎の二男として静岡県浜名郡白須賀宿伝馬街(白須賀町、湖西町を経て現湖西市)に生まれる[3]。小学校を卒業後、敷知郡新所村(浜名郡新所村、湖西町を経て現湖西市)の湖西高等小学校から浜松中学校を経て[3]1900年(明治33年)東京専門学校政治経済学科を卒業する[2]。浜名郡会議員[2]、白須賀町会議員、同町長、静岡県会議員、浜名郡農会長[3]、県農会、県蚕業組合、県畜産組合の役員などを歴任した[4]1924年(大正13年)5月の第15回衆議院議員総選挙では静岡県第9区から憲政会所属で出馬し当選したが[2]、任期満了を待たずして死去した[3]

親族[編集]

  • 父:山本庄次郎(戸長、白須賀町会議員、静岡県会議員、白須賀町長)[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 『第四十九回帝国議会 衆議院議員名簿 大正十三年六月二十日現在』衆議院事務局〈衆議院公報附録〉、1924年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1338227/4 
  • 衆議院、参議院 編 『議会制度七十年史 第11』大蔵省印刷局、1962年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3000139 
  • 静岡新聞社出版局 編 『静岡県歴史人物事典』静岡新聞社、1991年。ISBN 4783804249 
  • 上田正昭ほか 監修 『講談社日本人名大辞典』講談社、2001年。ISBN 4062108496