山形頼洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山形 頼洋(やまがた よりひろ、1943年2月16日- 2010年1月13日)は、日本の哲学者宮崎県生まれ[1]

学歴[編集]

1966年京都大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。パリ第10大学ナンテール大学博士課程)。1989年「感情と自然 自然の内的経験について」で大阪大学文学博士[2]大阪外国語大学講師、大阪大学文学部助教授、1995年教授、2002年名誉教授、同志社大学文学部教授。専攻は哲学・倫理学。

著書[編集]

  • 『声と運動と他者-情感性と言語の問題』(2004年、萌書房
  • 『社会と感情』(2008年、萌書房)ISBN 978-4860650377
  • 西田哲学の二つの風光―科学とフランス哲学』(2009年、萌書房)ISBN 978-4860650483
  • 『感情の幸福と傷つきやすさ』萌書房 2014

共編著[編集]

  • 『社会と感情』編著 萌書房 同志社大学ヒューマン・セキュリティ研究叢書 2008
  • 『西田哲学の二つの風光 科学とフランス哲学』三島正明共著 萌書房 2009

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山形頼洋氏死去 同志社大文学部教授”. 共同通信 (2010年1月15日). 2013年2月16日閲覧。
  2. ^ 死亡欄”. 2013年2月16日閲覧。