山号寺号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山号寺号(さんごうじごう)は、落語の演目の一つ。恵方詣り(えほうまいり)とも。

概要[編集]

登場人物が言葉遊びを繰り広げる、非常に短い噺。この言葉遊びは、寄席大喜利における古典的な出題としても知られる。

同様の言葉遊びは上方落語初代露の五郎兵衛1707年(宝永4年)に出版した笑話本『露休置土産』の「はやる物は山号寺号」や、『甲子夜話』にみられる。

あらすじ[編集]

ある商家の若旦那が、なじみの幇間一八と出会う。一八が「どこへ行くんですか」とたずねると、若旦那は「浅草の観音様だ」と答える。「ああ、金龍山浅草寺ですか」「俺が行くのは浅草だよ」「ですから、あそこは本当は金龍山浅草寺というんです。お寺には『なになに山なになに寺』という正しい呼び名があり、この山号と寺号を合わせた『山号寺号』というのが、どこにでもあります」

それを聞いた若旦那は「どんなところにも山号寺号があるんだな」と念を押して、「この場にもあるか。もしあったら金をたんとやる」と一八に迫る。

一八は頓智をきかせ、「あそこでおばさんが縁側を拭いてますね。『おかみさん拭きそう』」「乳母(おんば)さんが子供を抱いている。『乳母さん子を大』」などと、次々に「山号寺号」を披露する(以下は一例。演者により異なる)。

  • 看護婦さん赤十
  • 車屋さん広小
  • 自動車屋さんガレー
  • 時計屋さん今何
  • 肉屋さんソーセー
  • お医者さんイボ
  • 清子さん水前

一八に所持金をほとんど巻き上げられてしまった若旦那は、「今度は私がやろう」と言うなり、金で満杯になった一八の財布を取り上げてふところに入れ、「一目散随徳寺(いちもくさん ずいとくじ)」と言って逃げる(「随徳寺」とは、「跡をずいとくらます」ことを意味する古い地口[1])。逃げられた一八は、

南無三、し損じ」

バリエーション[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大辞林』第三版

関連項目[編集]