一八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一八(いっぱち)は、古典落語に登場する架空の人物。

キャラクター[編集]

江戸上方を問わずに活躍している幇間の代表的なキャラクター[1]で、登場する際には常に旦那と共に行動をしている[2]

とにかとんでもない目に遭うこともしばしばだが、芸人根性があり、懲りることがない[3]。登場する噺の多くでは野幇間[4]である[5]。「鰻の幇間」では「どっかで見たことのある客」を取り巻こうとして、あべこべに遊興費を支払わされる事態に陥っている[1]

主な登場作品[編集]

  • 愛宕山[3]:小判に目がくらんだ結果、千条もある谷に唐傘一本でダイビングする羽目になる。
  • 鰻の幇間[3]:「何処かで見たことのある客」を取り巻こうとして、あべこべに食事代を払わされた揚句、履物まで持っていかれてしまう。
  • 山号寺号[3]:若旦那に「どんな物にも『山号・寺号』をつけられたらお小遣いをあげる」といわれ、ない知恵を絞って大奮闘。
  • たいこ腹[3]:に凝ったという若旦那に押し切られ、治療の実験台になり世にも悲惨な目にあう。
  • つるつる[3]:何年も恋い慕っていた置屋の女中にアタックし、見事恋仲になるものの…?
  • 小いな[5]::旦那が家に妾を招待する手助けをする。
  • 百年目[3]:表向きは堅い…とされている遊び人の番頭・冶兵衛に、彼の勤める店の近くで声をかけて怒られてしまう。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『落語登場人物辞典』 14頁。
  2. ^ 『落語入門百科』 122頁。
  3. ^ a b c d e f g 『落語登場人物辞典』 15頁。
  4. ^ パトロンのいないフリーの幇間。
  5. ^ a b 『落語人物事典』 16頁。

参考文献[編集]