ノックノック・ジョーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ノックノック・ジョーク (The knock-knock joke) は、ジョークの一種で、非常によく知られたQ&A型のフォーマットをもつもの。日本語における駄洒落なぞなぞの一種と考えると理解しやすい。

このジョークのパターンは定型化しており、駄洒落好きの訪問者とドアの内側にいる人物との会話で成り立っている。

標準的なノックノック・ジョークの進行は、

  1. Knock, knock
  2. Who's there? (相手の名前を尋ねる)
  3. ○○ (名前を答える)
  4. ○○ who? (重ねて姓を尋ねる)
  5. ○○●● (名前にかけた駄洒落を答える)

というものである。

[編集]

Knock knock (トントン)
Who's there? (どなた?)
barbie (バービーよ)
barbie who? (バービー誰?)
Bar-B-Q (バービーキュー(バーベキュー)!)

実例[編集]

関連項目[編集]