山口智史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山口 智史 Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1979-08-23) 1979年8月23日(39歳)
出身地 日本の旗 佐賀県佐賀市
身長 1.90 m (6 ft 3 in)
体重 100 kg (15 st 10 lb)
大学 関東学院大学
選手情報
ポジション ナンバーエイト
アマチュア
チーム
佐賀工業高校
関東学院大学
クラブ
チーム 出場 得点
コカ・コーラウエスト
国セブンズ代表
チーム 出場 得点
 日本
コーチ歴
■テンプレート

山口 智史(やまぐち ともひろ、1979年8月23日 - )は、佐賀県佐賀市出身の日本の元ラグビー選手。190cm、100kg。A型。

経歴[編集]

高校からラグビーを始める。中学校までは野球少年。佐賀工業高校時代には2年時より花園に出場(2年連続ベスト8)。高校日本代表にも選ばれる。関東学院大学に進学し、1年時よりナンバーエイトとしてレギュラーで活躍。全国大学選手権優勝などに貢献。

2002年4月、トップリーグ・コカ・コーラウエストレッドスパークスに入団。

2012年4月、コカ・コーラウエストレッドスパークスヘッドコーチに就任[1]

2013年4月、監督に昇格。

2015年10月、監督を退任[2]

人物とプレースタイル[編集]

高校・大学・社会人と全てのカテゴリーにおいて主将を経験。自ら体を張るプレーでカリスマ性を持つ。

プレースタイルは恵まれた体格を活かしたサイドアタック。スピードとパワーを兼ね備え、ハンドリングも巧み。(7人制日本代表)

  • 佐賀工業高校 主将(1998年)
  • 関東学院大学 主将(2002年)
  • コカ・コーラレッドスパークス 主将
  • 第4回「ワールドカップセブンズ」主将(2005年)

ラグビーとの出会い[編集]

野球部に所属していた中学時代、地方の陸上大会に400m走と砲丸投の選手として出場。地方大会を優勝して県大会に出場した姿を小城博(当時の佐賀工業高校ラグビー部監督)の目にとまり声を掛けられた。

怪我との戦い[編集]

  • 高校1年時と大学2年時に選手生命を危ぶむ怪我をしているが、リハビリを行い復活をしている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]