山内静夫 (陸軍軍人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山内 静夫
やまのうち しずお
Yamanouchi Shizuo.jpg
生誕 1876年8月3日
日本の旗 日本京都府
死没 (1961-06-06) 1961年6月6日(84歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1898 - 1932
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―中将.svg 陸軍中将
除隊後 満洲電信電話株式会社総裁
テンプレートを表示

山内 静夫(やまのうち しずお、1876年明治9年)8月3日[1]1961年昭和36年)6月6日[1])は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍中将満洲電信電話株式会社総裁。旧名は岱亮[2]

経歴[編集]

京都府に山内覚道の二男として生まれ、山内政銓の養子となった[2]京都府立中学校を経て、1897年(明治30年)11月29日に陸軍士官学校(9期)を卒業し、1898年(明治31年)6月27日に工兵少尉に任ぜられ、同日付で近衛工兵大隊付に補される[3]1900年(明治33年)11月21日に工兵中尉に昇進[4]後、陸軍砲工学校(9期)普通科を優等で卒業[5]し、同校高等科卒業後もさらに員外学生として在学した[6]1904年(明治37年)3月24日に工兵大尉に昇進し陸軍士官学校教官に補せられた[7]後、1907年(明治40年)7月11日に東京帝国大学工科大学土木工学科を卒業した[8]。その後、大本営野戦高等電信部副官、青島守備軍司令部附交通兵団副官を経て、1909年(明治42年)11月30日に工兵少佐に昇進[9]し、陸軍砲工学校教官を経て、1916年(大正5年)5月2日に工兵中佐に昇進[10]し交通兵団司令部御用掛を命ぜられ、参謀本部御用掛を経て、1918年(大正7年)11月1日に工兵大佐に昇進[11]。さらに、陸軍技術本部部員、陸軍省兵器局機材課長を経て、1923年(大正12年)8月6日、陸軍少将に昇進し陸地測量部長に就任[12]。その後、陸軍技術本部第二部長、築城本部長を歴任し、1928年(昭和3年)3月8日、陸軍中将に昇進した[13]1932年(昭和7年)8月8日、待命となり、同月30日予備役に編入された[14]

その後、南満州鉄道株式会社顧問となる[2]1933年(昭和8年)に満洲電信電話株式会社が設立されると取締役、ついで総裁に就任し、1937年(昭和12年)まで務めた[2]

1961年、死去。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本陸軍将官辞典 2001.
  2. ^ a b c d e 人事興信録 1939.
  3. ^ 『官報』第4498号、明治31年6月29日。
  4. ^ 『官報』第5219号、明治33年11月22日。
  5. ^ 『官報』第5251号、明治34年1月7日。
  6. ^ 『官報』第5548号、明治34年12月28日。
  7. ^ 『官報』第6216号、明治37年3月25日。
  8. ^ 『官報』第7211号、明治40年7月13日。
  9. ^ 『官報』第7932号、明治42年12月1日。
  10. ^ 『官報』第1124号、大正5年5月3日。
  11. ^ 『官報』第1875号、大正7年11月2日。
  12. ^ 『官報』第3306号、大正12年8月7日。
  13. ^ 『官報』第357号、昭和3年3月9日。
  14. ^ 『官報』第1702号、昭和7年8月31日。
  15. ^ 『官報』第4520号、明治31年7月25日。
  16. ^ 『官報』第5295号、明治34年3月1日。
  17. ^ 『官報』第7034号、明治39年12月8日。
  18. ^ 『官報』第539号、大正3年5月18日。

参考文献[編集]

  • 校友調査会編 『帝国大学出身名鑑』 校友調査会、1934年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第12版 上巻』 人事興信所、1939年
  • 福川秀樹 『日本陸軍将官辞典』 芙蓉書房出版、2001年


軍職
先代:
松村法吉
陸地測量部
第9代:1923年8月6日 - 1924年2月4日
次代:
大村齊