山中城 (三河国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山中城(やまなかじょう)は、三河国額田郡山中(現在の愛知県岡崎市羽栗町)にあった日本の城

概要[編集]

戦国時代に三河西郷氏大草松平家)が築城する。 3代西郷信貞(松平昌安)の時、松平清康とその家臣大久保忠茂の奇襲で一夜にして落城。 1535年天文4年)森山崩れで清康が亡くなると、山中城は今川氏の西三河攻略の拠点となる。1560年永禄3年)桶狭間の戦い今川義元が討たれると松平元康(後の徳川家康)が久松俊勝とともに攻め落とし、再び松平氏のものとなる。 1563年永禄6年)の三河一向一揆では一時的一揆衆に占領された。 1564年永禄7年)以後は酒井忠次が山中を領し、酒井氏の居城となった。 現在は岡崎市指定史跡[1]

脚注[編集]

  1. ^ 岡崎市指定文化財目録 ”. 岡崎市. 2013年3月21日閲覧。

関連項目[編集]