山下正男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山下 正男(やました まさお、1931年7月16日 - )は、日本の哲学者、京都大学人文科学研究所名誉教授。

京都市出身。1953年京都大学文学部哲学科卒。1958年同大学院博士課程満期退学。1965年関西学院大学文学部助教授、1968年京都大学人文科学研究所助教授、1981年教授、1995年定年退官、名誉教授、近畿大学文芸学部教授[1]。専攻は論理と数理の比較思想史的研究。

著書[編集]

  • 『新しい哲学 前科学時代の哲学から科学時代の哲学へ』培風館 1967
  • 『科学時代をどう生きるか 科学と科学でないもの』講談社現代新書 1967
  • 『動物と西欧思想』中公新書 1974
  • 『植物と哲学』中公新書 1977
  • 『論理学史』岩波全書 1983
  • 『論理的に考えること』岩波ジュニア新書 1985
  • 『思想としての動物と植物』八坂書房 1994
  • 『思想の中の数学的構造』ちくま学芸文庫 2006

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987,2002年