屈曲位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

屈曲位(くっきょくい)は、人間の性交体位の一種。

概説[編集]

屈曲位

エビのように、あるいは二つ折りのように身体を屈曲させた女性の上から男性が覆い被さり、体重を掛けながら性器を結合させる体位である。正常位のバリエーションに数えられており、屈脚位(くっきゃくい)とも称される。

女性との結合部には男性の体重が掛かるため、ペニスの奥深くまで挿入される。また、男性は体重が掛かり過ぎないように女性の左右で両腕を突っ張るなどして調整する必要がある他、女性器の向きや男性の律動によって女性の尻が持ち上がる場合は、女性の腰への配慮を念頭に置くことが望まれる。いずれにしても、長時間行う場合はなおのことである。

俗説[編集]

科学的根拠の無い主張であるが、男女の産み分けで男の子を望む場合は、女の子を望む場合より深い位置での膣内射精が望ましいとされる。そのためには、この体位がよいと紹介されることがある。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]