尾形月山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

尾形 月山(おがた げっさん、明治20年〈1887年9月10日 - 昭和42年〈1967年12月27日)とは、明治から昭和にかけての浮世絵師日本画家

来歴[編集]

本名は田井正子(たい まさつぐ)。東京の京橋桶町に尾形月耕の子として生れる。父月耕より絵について師事を受け、はじめ月三(げっさん)と称した。明治33年(1900年)、13歳で連合絵画共進会に「花に駒」が三等褒状を受賞し注目される。その後も同展、日本美術協会展で受賞を重ね、日月会、巽画会会員となる。明治37年から明治38年頃には日露戦争関係の錦絵を描いている。明治41年(1908年)に文展初入選、第2回で三等賞、第3回第4回で褒状を受賞。大正9年(1920年)より号を「月山」と改める(読みかたは変わらず「げっさん」)。昭和19年(1944年)、伊豆修禅寺に疎開し、戦後も同地で画作を続けた。人物や仏画に秀で、代表作に「大仏開眼供養図」、「達智門の図」などがある。

息子に画家の尾形礼正がいる。なお比較的メジャーな展覧会、専門書などでも、「月山」の読み方を「げつざん」と堂々と記しているものが多いが、これは明らかな誤りで、正しくは「げっさん」(Gessan)である。

作品[編集]

錦絵[編集]

  • 「工兵第四大隊金州城門破壊の図」 大判3枚続 明治37年 松木平吉版 悳俊彦コレクション
  • 「南山之役中尉柴川又三郎君立陣頭捧旭日軍扇指揮士卒」 大判3枚続 明治37年
  • 「旅順開城須将軍会見乃木将軍」 大判3枚続 明治37年
  • 「遼陽之役敵将黒鳩公戦略齟齬総軍大敗公勇奮自立陣頭血戦」 大判3枚続 明治37年
  • 「日本海之海戦」 大判3枚続 明治38年

肉筆画[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
羽衣 悳俊彦コレクション
遮那王 1914年(大正3年) 第8回文展褒状受賞作
准胝観音 絹本著色 絵馬1面 224.3x178.4 浅草寺 1932年(昭和7年)7月吉日奉納 月山ほか奉納[1]
観音示現図 紙下地著色 絵馬1面 149.2x210.0 浅草寺 1965年(昭和40年)3月18日奉納 款記「月山謹画」/「月山」朱文方印 魚河岸示現会奉納。『浅草寺縁起』にみえる、網で聖観音を引き上げる場面[2]

絵本[編集]

月山は有職故実に通じ、歴史的考証に基づいた挿絵にも実力を発揮した。中でも「講談社の絵本」シリーズにおける仕事は評価が高い。

  • 講談社の繪本19 『豊臣秀吉:木下藤吉郎の卷』(絵・尾形月山、文・矢田挿雲) 大日本雄辯會講談社、1937年
  • 講談社の繪本73 『豊臣秀吉:羽柴筑前守の卷』(絵・尾形月山、文・矢田挿雲) 大日本雄辯會講談社、1938年
  • 講談社の繪本90 『豊臣秀吉:太閤の卷』(絵・尾形月山、文・矢田挿雲) 大日本雄辯會講談社、1938年
  • 講談社の繪本141 『新田義貞』(絵・尾形月山、文・中村靜陵) 大日本雄辯會講談社、1940年
  • 講談社の繪本192 『徳川光圀』(絵・尾形月山、文・加藤武雄) 大日本雄辯會講談社、1941年

脚注[編集]

  1. ^ 東京都台東区教育委員会 生涯学習課編集 『台東区文化財調査報告書 第51集 浅草寺絵馬扁額調査報告書 浅草寺の絵馬と扁額 』 東京都台東区教育委員会、2015年3月20日、第69図。
  2. ^ 東京都台東区教育委員会 生涯学習課編集 『台東区文化財調査報告書 第51集 浅草寺絵馬扁額調査報告書 浅草寺の絵馬と扁額 』 東京都台東区教育委員会、2015年3月20日、第74図。

参考文献[編集]

関連項目[編集]