小野東人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小野 東人(おの の あずまひと、生年不詳 - 天平勝宝9年7月4日757年7月24日))は、奈良時代貴族。系譜は明らかでないが、大徳冠小野妹子の後裔で、造平城京司次官・小野広人の子とする系図がある[1]官位従五位上備前守

経歴[編集]

天平9年(737年従五位下に叙せられ、天平10年(738年左兵衛率に任ぜられる。天平12年(740年)に発生した藤原広嗣の乱連座して、翌天平13年(741年)になってから平城京内の獄舎に投獄され[2]、平城京の東西の市でで50回ずつ打たれた後、伊豆国三島へ配流された[3]

その後赦免され、天平18年(746年内位の従五位下に叙せられ、翌天平19年(747年治部少輔に任ぜられる。天平勝宝6年(754年備前守に任ぜられて地方官に転じる。

天平勝宝9年(757年)5月に藤原仲麻呂紫微内相の就任と同時に東人も従五位上に叙せられる。同年東人は皇太子大炊王藤原仲麻呂を殺害する策謀に参画し、7月2日に中衛舎人上道斐太都に同調を促す。しかし、上道斐太都に子細を藤原仲麻呂に密告されてしまい、東人は仲麻呂の命令を受けた高麗福信の兵士に捕縛され左衛士府に拘禁される[4]。7月4日に東人は中納言藤原永手からの厳しい尋問を受けて策謀を白状させられたのち、杖で何度も打たれる拷問により獄死した[5]。(橘奈良麻呂の乱

官歴[編集]

続日本紀』による。

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木真年『諸国百家系図』上,小野朝臣
  2. ^ 続日本紀』天平13年3月8日条
  3. ^ 『続日本紀』天平13年3月9日条
  4. ^ 『続日本紀』天平勝宝9年7月2日条
  5. ^ 『続日本紀』天平勝宝9年7月4日条

参考文献[編集]