小谷喜美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小谷 喜美(こたに きみ、女性、1901年(明治34年)1月10日 - 1971年(昭和46年)2月9日)は、昭和宗教家

近代日本における仏教系の新宗教の源流の1つを成したといわれる霊友会の2代会長(教団内部では小谷恩師として、創設者の久保角太郎と並ぶ位置づけになっている)。あまりに強烈な個性とリーダーシップによって、周囲の批判や反発を受けながらも今日の霊友会の礎を築いた。

著書[編集]

  • 『人間の原点 対話』石原慎太郎共著 サンケイ新聞社出版局 1969
  • 『天の音楽 小谷喜美抄』久保継成編 仏乃世界社 1972
  • 『天の音楽 小谷喜美抄 2』久保継成編 霊友会 1983
  • 『一實の道を信ず 恩師小谷喜美先生ご説法集』霊友会運営会議監修 いんなあとりっぷ社 1998
先代:
霊友会会長
1930-1971
次代:
久保継成