小花万次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小花 万次(おばな まんじ、嘉永5年7月11日1852年8月25日) - 大正9年(1920年3月10日)は、幕臣海軍大学校教授。正五位勲三等。名は萬次郎。

経歴[編集]

旗本小花作助の長男で牛込に生まれる。元服し、15歳で榎本武揚に従い北海道に渡り、箱館戦争に従軍。のち敗れて、慶應義塾に学び(『慶應義塾入社帳第1巻329項』)、開拓局支配調役などを経て秋月種樹に従い渡英し、明治7年(1874年)に帰国。次いで兄弟に従い工部省鉱山局で鉱山学を学ぶ。明治12年(1879年海軍兵学校教官(勅任)。明治31年(1898年海軍大学校教授。明治38年(1905年)辞任。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7091号・付録「叙任及辞令」1907年2月21日。

参考文献[編集]

関連項目[編集]