小花作助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小花 作助(おばな さくすけ、文政12年2月24日1829年3月28日) - 明治34年(1901年1月17日)は、江戸幕府旗本は邦孚、号は白香。小花万次は長男。

経歴[編集]

尾張藩信濃国木曽に幕府旗本の子として生まれる。文久元年(1861年)小笠原島開拓御用を命ぜられ、外国奉行水野忠徳と共に咸臨丸小笠原諸島の諸島に渡島し、同地の地勢や戸口を調査した上で、住民に対して日本領であることを宣言し、領有の基礎を築いた。水野らの内地帰還後も、八丈島からの移民約30名と共に、約1年半にわたり父島にとどまり、その支配にあたる。同3年(1863年)外交方針の転換に伴い、幕命により引き揚げる。

慶應元年(1865年外国奉行柴田剛中(貞太郎)が特命理事官としてフランスイギリスに派遣された際に随行。この一行には、塩田三郎福地源一郎岡田摂蔵らが加わり、翌年帰国。慶応3年(1867年外国奉行支配調役、慶応4年(1868年)町奉行支配調役となる。

明治新政府に出仕し、東京開市場御用掛となる。明治2年(1869年)東京開市場調役、東京府権大属。明治5年(1872年)東京府権典事。明治8年(1875年)内務省地理寮7等出仕、工部省の「明治丸」で小笠原諸島を再調査した。

明治9年(1876年)内務省権少丞となり、明治9年(1876年)には内務省小笠原島出張所の初代所長を命ぜられ着任。以後、3年にわたり在島し、島民の日本帰化を促進し、小笠原の初期島治に尽力した。

関連項目[編集]

著作[編集]

  • 「小笠原島在勤筆記」
  • 「小笠原島略記」

参考文献[編集]