小石川正弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
発見した小惑星
(3994) 愛子 1988年12月2日
(4292) 青葉 1989年11月4日
(4407) 太白 1988年11月8日
(4539) 宮城野 1988年11月8日
(4871) リバーサイド 1989年11月24日
(5128) 若林 1989年2月20日
(5751) 蔵王 1992年1月5日
(6089) 1989年1月5日
(6190) レンヌ 1989年10月8日
(6349) アカプルコ 1995年2月8日
(6859) 伊達政宗 1991年2月13日
(7485) 長春 1994年12月4日
(7816) ハノイ 1987年12月18日
(8084) ダラス 1989年2月6日
(10500) 西公園 1987年4月3日
(11514) 常長 1991年2月13日
(12252) 光州 1998年11月3日
(14032) 1994年12月4日
(30963) Mount Banzan 1993年11月29日

小石川 正弘(こいしかわ まさひろ、1952年 - )は、日本の天文家である。

宮城県仙台市在住。1972年から仙台市天文台の職員となり、[1]仙台市教育委員会生涯学習課天文台係長などを務めた[2]。2013年に定年退職し、以後は仙台市民図書館専門員として啓蒙活動を行っている[3]

1988年12月に小惑星 (3994) 愛子(あやし)を発見したのをはじめとして、多数の小惑星彗星を発見した。2010年と2012年には超新星も発見している。小惑星の発見数は1987年から1995年にかけて19個にのぼり[4]、仙台市の地名やゆかりの人物、仙台市の姉妹都市にちなんだ命名をおこなっている。

渡辺和郎円舘金が1991年10月に発見した小惑星 (6097) 小石川は、彼の名前にちなむ。

[編集]

  1. ^ Schmadel, Lutz D. Dictionary of Minor Planet Names. New York: Springer, 2003.
  2. ^ 「宇宙を身近に」感じる新たな空間 新・仙台市天文台オープン仙台市広報「仙台NEW」第13号(2008年8月)
  3. ^ 泉図書館 小石川正弘氏による秋の天文講座 - 仙台市図書館
  4. ^ Minor Planet Discoverers