小林治 (ライター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小林 治(こばやし おさむ、1966年 - )は、フリーランスのアニメ系ライター・ラジオ番組構成作家

概要[編集]

東海大学卒業後、みのり書房に入社し「月刊OUT」の編集者となる。副編集長の時に[1]学習研究社アニメV」副編集長の水間秀樹と共に「副編ブラザーズ」というユニットを組み、CD『アニメ雑誌の編集は3日やったらやめられない』をリリースしたり、ラジオ番組『波乗り!アニメジャーナル』のパーソナリティを務める。

1998年9月から2001年9月まで、飯塚雅弓とともに、キッズステーションのアニメ紹介番組『アニメぱらだいす!』の司会を務める。

2003年7月から2005年3月まで『激☆店』にて「店長」役を務める。以降「店長」と通称されるようになる。

インターネットラジオ番組『うらけん』では、池端隆史UPLIFTらと共にそのマニアぶりを披露した。

2006年5月以降、WOWOWのインターネットラジオAZステーション内で、『わう*アニ HOTレビュー』のメインパーソナリティを務めている。

出演作品[編集]

代表的なもののみ記載。出演作品の詳細・仕事歴は「ファクトリィきゃの」のProfileのページを参照。

ラジオ[編集]

  • 波乗り!アニメジャーナル(1996年10月 - 1998年4月) - パーソナリティ・構成作家
    • アニメエクスタシー 〜波乗り!妄想系〜(1998年4月 - 12月) - パーソナリティ・構成作家

インターネットラジオ[編集]

テレビ[編集]

CD[編集]

  • アニメ雑誌の編集は3日やったらやめられない - 作詞・歌(ポニーキャニオン 1995年7月4日発売 規格番号PCDG-00074)

脚注[編集]

  1. ^ 当時OUT編集部にみのり書房の正社員編集者は、彼と編集長の南波健一郎の2人しかいなかった

外部リンク[編集]