小林四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 四郎(こばやし しろう、1941年 - )は日本化学者京都大学名誉教授。現在、京都工芸繊維大学バイオベースマテリアル研究センターの特任教授である。

略歴・研究[編集]

京都大学工学部卒業。1986年東北大学工学部教授、1997年京都大学大学院工学研究科教授。有機化学に立脚した高分子合成手法の開拓と、それを利用する新高分子材料の創出に関する研究に携わる。特に、酵素触媒の特徴を活かした高分子合成反応(酵素触媒重合)は、それまで成功していなかったセルロースキチンヒアルロン酸コンドロイチンのような天然多糖の試験管内合成を可能ならしめた手法として有名である。

受賞歴[編集]

など