小林一雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 一雅(こばやし かずまさ、1939年(昭和14年)9月19日 - )は、日本実業家。兵庫県出身[1]小林製薬の会長を務める。

略歴[編集]

小林製薬社長の小林三郎の長男として生まれ育った。大学在学中に父の三郎が死去[2]甲南大学経済学部卒業後、1962年3月に小林製薬に入社。1964年米国に視察旅行をきっかけに1965年にコロンビア大学に留学[3]。1966年11月に取締役、1970年11月に常務取締役を経て、1976年12月、4代社長に就任[1]。 医薬品の卸業であった小林製薬をメーカーへと転換を進めた[3]

その後、2004年6月に弟である豊が社長となり、一雅は会長となった。

一族[編集]

  • 一雅は、名古屋で店を創業した忠兵衛のひ孫にあたり、吉太郎は祖父、父親の三郎は吉太郎の娘婿だったという。現社長の章浩は長男にあたる[4][5]。尚、一雅は「わたしの足跡・関西経済人列伝」の中で、妻の道子は40代の若さで他界し、娘2人は会社とは全く関係のないところに嫁いでいると語っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 小林一雅 小林製薬代表取締役会長”. DIAMOND online. 2019年12月28日閲覧。
  2. ^ 小林製薬のユニークすぎる商品群は「米国のトイレ」に原点があった”. DIAMOND online. 2019年12月28日閲覧。
  3. ^ a b 小林製薬のユニークすぎる商品群は「米国のトイレ」に原点があった”. DIAMOND online. 2019年12月28日閲覧。
  4. ^ 人間発見 小林製薬会長 小林一雅さん”. 日本経済新聞 (2012年3月13日). 2019年12月28日閲覧。
  5. ^ 小林章浩専務の社長昇格を内定 小林製薬”. 薬事日報 (2013年3月11日). 2019年12月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「わたしの足跡・関西経済人列伝」209ページ