小林忠兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 忠兵衛(こばやし ちゅうべい、嘉永3年(1850年)11月 - 1927年)は、日本の実業家。小林盛大堂(現在の小林製薬)の創業者。藤井得三郎商店(現在の龍角散)とともに販売ルートを確立していった[1]

来歴[編集]

  • 美濃国本郷(現在の岐阜県羽島市)に生まれた。族籍は愛知県平民。
  • 名古屋の奉公先から独立。
  • 1886年、名古屋市中区門前町に、雑貨や化粧品の店として「合名会社小林盛大堂」を創業。創業当時は家庭用品の卸売り事業が中心であった[2]
  • 1894年(明治27年)には製薬業に進出。

家族[編集]

  • 出典は人事興信録の第4版と第8版によるもの。藤井家は代々秋田の大曲に住んでいたという[3][4]
父親
  • 忠左衛門の三男(今の岐阜県出身[5]
息子

遠縁[編集]

エピソード[編集]

系譜図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
小林忠左衛門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
足立長右衛門
 
 
 
 
 
小林忠兵衛
小林盛大堂創業者
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
たま
 
小林吉太郎
株式会社初代社長
(在任 1919-1948)
 
米次郎
 
房五郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小林映子
第3代社長
(在任 1958-1976)
 
小林三郎
第2代社長
(在任 1948-1958)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小林一雅
第4代社長
(在任 1976-2004)
 
小林豊
第5代社長
(在任 2004-2013)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小林章浩
第6代社長
(在任 2013-)
 

出典[編集]

[脚注の使い方]