小村捷治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小村 捷治(こむら しょうじ、1895年明治28年)5月15日[1] - 1972年昭和47年)2月9日[1][2])は、日本の教育者政治家華族貴族院侯爵議員

経歴[編集]

外交官小村壽太郎、マチ夫妻の二男として生まれる[1]。兄小村欣一が死去して三年後の1934年1月15日、侯爵を襲爵して貴族院侯爵議員に就任[3]火曜会に所属して1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]

東京帝国大学文学部を修了[2]財団法人国士舘講師、東京朝日新聞記者、大阪朝日新聞記者などを務めた[2]1938年以降、司法制度調査委員会委員、内閣委員、経済関係罰則調査会委員などを歴任[2]

戦後は外務省研修所講師、明治大学講師を務めた[4]

著作[編集]

  • 小村壽太郎侯奉賛会企画編集、小村捷治著『骨肉』鉱脈社、2005年。※父の伝記

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』上巻、613頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』16頁。
  3. ^ 『官報』第2109号、昭和9年1月16日。
  4. ^ 『華族総覧』566頁。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 千田稔『華族総覧』講談社〈講談社現代新書〉、2009年。


日本の爵位
先代:
小村欣一
侯爵
小村(壽太郎)家第3代
1934年 - 1947年
次代:
華族制度廃止