小川旭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小川 旭
Akira OGAWA
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-09-05) 1983年9月5日(35歳)
出身地 埼玉県さいたま市
ラテン文字 Akira OGAWA
身長 189cm
体重 83kg
選手情報
ポジション WS
指高 245cm
スパイク 345cm
テンプレートを表示

小川 旭(おがわ あきら、1983年9月5日 - )は、日本の元男子バレーボール選手。埼玉県さいたま市出身。ポジションウイングスパイカー

来歴[編集]

さいたま市立七里中学校1年時からバレーボールを始める。このころの同級生に金丸晃大がいる。当時の七里中学校は県内でも最強、小川の他に、高橋というウイングスパイカーがおり、二人の180cm台を要する七里中学校は 練習試合を含め、県内で無敵だった[1]。その後埼玉県立深谷高等学校へ進学、同級の金丸や石島雄介と共に数々の栄冠に輝き、2001年3年生時には春高バレーインターハイ国体と3冠達成した[1]

2002年順天堂大学へ進学。2004年には全日本インカレ猛打賞受賞[2]。2005年にはユニバーシアード代表に選ばれインスブルック大会に出場し準優勝。

2006年JTサンダーズへ加入。同期に中山大祐2008年ゴードン・メイフォースによエースに抜擢される[3]2009年には全日本に選出されワールドリーグに出場した[4]

2012年、サンダーズを退部し、JTでの社業に専念する[5]

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b インタビュー”. JTサンダーズ公式. 2010年9月9日閲覧。
  2. ^ 平成16年度第57回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会”. 日本バレーボール協会. 2010年9月9日閲覧。
  3. ^ JT小川、真のエースへ 7日から呉で連戦”. 中国新聞 (2009年2月6日). 2010年9月9日閲覧。
  4. ^ FIVAワールドリーグ”. 日本バレーボール協会. 2010年9月9日閲覧。
  5. ^ JTの徳元が引退 小川ら退部”. 中国新聞 (2012年5月18日). 2012年5月18日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]