小宮三保松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小宮 三保松(こみや みほまつ、1859年安政6年)5月 - 1935年昭和10年)12月29日)は、戦前の日本官僚法曹、文学研究者。李王職次官、大審院検事法典調査会委員。錦鶏間祗候

略歴[編集]

下総国古河藩士小宮久左衛門の子として生まれる[1]1884年明治17年)に司法省法学校の第一期生として卒業し、司法省御用掛となる。司法省議事局・民法局に勤め、1886年(明治19年)に代言人試験委員に任命される。同年、司法制度研究のため、欧州に3ヵ年の留学を命じられる。帰国後、1890年(明治23年)に東京始審裁判所検事となり、貴族院書記官、枢密院議長秘書官、大審院検事などを経て、1907年(明治40年)に韓国宮内次官、1911年(明治44年)に李王職次官に就任する。また、法典調査会委員を務めた。1917年大正6年)1月15日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[2]

後年は古事記日本書紀万葉集など古典文学の研究でもしられていた。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

著書[編集]

  • 『民法債権編講義』(1898)
  • 『物権法講義』(1899)

脚注[編集]

  1. ^ 20世紀日本人名事典などでは周防国出身とある。なお、小宮の岳父は長州出身である。
  2. ^ 『官報』第1334号、大正6年1月16日。
  3. ^ 『官報』第2532号「叙任及辞令」1891年12月7日。
  4. ^ 『官報』第3725号「叙任及辞令」1895年11月27日。
  5. ^ 『官報』第4570号「叙任及辞令」1898年9月21日。
  6. ^ 『官報』第5210号「叙任及辞令」1900年11月12日。
  7. ^ 『官報』第5839号「叙任及辞令」1902年12月18日。
  8. ^ 『官報』第5964号「叙任及辞令」1903年5月22日。
  9. ^ 『官報』第7352号「叙任及辞令」1907年12月28日。
  10. ^ 『官報』第126号「叙任及辞令」1912年12月29日。
  11. ^ 『官報』第8396号「叙任及辞令」1911年6月19日。

参考文献[編集]