小倉明浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小倉明浩
生誕 1960年8月
研究分野 経済政策国際関係論
実績 地域経済統合の開発戦略としての可能性の研究
米州地域と東アジア地域における統合の展開の比較研究
テンプレートを表示

小倉 明浩(おぐら あきひろ、1960年8月 - )は、日本経済学者滋賀大学経済学部経済学科教授。

来歴[編集]

1960年大阪府大阪市に生まれる。1983年滋賀大学経済学部を卒業。1988年京都大学大学院経済学研究科博士後期課程中退。滋賀大学経済学部助手、講師、助教授を経て、2003年より現職。専門は、ラテンアメリカ経済論。

年譜[編集]

  • 1960年 - 大阪府大阪市にて出生
  • 1983年 - 滋賀大学経済学部卒業
  • 1988年 - 京都大学大学院博士後期課程中退
  • 1988年 - 滋賀大学経済学部助手
  • 1989年 - 滋賀大学経済学部講師
  • 1993年 - 滋賀大学経済学部助教授
  • 2004年 - 滋賀大学経済学部教授

著書[編集]

  • 『ラテンアメリカのインフレーション』(アジア経済研究所, 1990)
  • 『日本貿易読本』(日本評論社, 1992)
  • 『激動期の国際経済』(世界思想社, 1992)
  • 『ラテンアメリカの経済』(新評論, 1993)
  • 『グローバル経済』(世界思想社, 1999)
  • 『グローバル・エコノミー』(有斐閣, 2001)
  • 『ラテンアメリカ経済学』(世界思想社, 2003)
  • 『ラテンアメリカ経済論』(ミネルヴァ書房, 2004)
  • 『グローバル・エコノミー 新版』(有斐閣, 2007)
  • 『グローバル・エコノミー 第3版』(有斐閣, 2012)

論文[編集]

主な所属学会[編集]

  • 国際経済学会
  • ラテンアメリカ政経学会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]