寿夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
寿夢
初代王
王朝
在位期間 前585年 - 前561年
姓・諱 姫乗または姫寿夢
生年 不詳
没年 前561年
去斉

寿夢(じゅぼう、? - 紀元前561年、在位:紀元前585年 - 紀元前561年)は、春秋時代の初代の王。姓は。名は[1]去斉[2]の子。紀元前586年、父の去斉が死去すると跡を継いだ。寿夢の代に呉は強大となり、彼が初めて王を名乗った。

寿夢には4人の子がおり、それぞれ諸樊余祭余昧季札といった。死に際し、寿夢は兄弟の中で最も優秀な末子の季札に跡を継がせようと考えたが、季札は兄たちに遠慮してこれを辞退した。そのため、寿夢の死後は王位を兄弟間で順番に継承する方式を採った[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ 春秋左氏伝』より。
  2. ^ 史記』呉世家のみ名を記されているだけで、詳しい事項は不明。
  3. ^ 『春秋左氏伝』では、呉王僚は「寿夢の子」(『史記』呉太伯世家では孫)である、と記されている。
  4. ^ 同じく『春秋左氏伝』で、蹶由(季札?)という息子がおり、紀元前537年余昧の在世中にに労いの使者として派遣されるも、楚の将軍たちはこれを捕虜として霊王のもとに送られた。歳月は流れ、紀元前523年に呉王僚の在世中に、楚の王族でもある令尹の陽匄(子瑕)が平王に進言して釈放された、と記されている。
先代:
去斉
の王
初代:前585年 - 前561年
次代:
諸樊