諸樊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
諸樊
第2代王
王朝
在位期間 前560年 - 前548年
姓・諱 姫遏または姫謁または姫諸樊
生年 不詳
没年 前548年
寿夢

諸樊(しょはん、? - 紀元前548年、在位:紀元前560年 - 紀元前548年)は、春秋時代の第2代の王。姓は。名は[1]、あるいは[2]と表記される。寿夢の子。紀元前561年9月、父の寿夢が死去すると、跡を継いで王となった。闔閭[3]夫概[3]の父である。

前548年秋、の属国である舒鳩が叛いたので、楚の令尹屈建は兵を率いて舒鳩を攻めた。諸樊は舒鳩の救援のため出陣したが楚軍に大敗し、舒鳩も滅亡した。同年12月、諸樊は楚の属国である巣に攻め込んだが、巣の牛臣に射殺された[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 春秋左氏伝
  2. ^ 春秋公羊伝』および『春秋穀梁伝
  3. ^ a b 史記索隠』が引く孔穎達の言によると、闔閭と夫概は弟の余昧の息子で、諸樊の「甥」とする。
先代:
寿夢
の王
第2代:前560年 - 前548年
次代:
余祭